高性能林業機械オペレーター養成研修

高性能林業機械オペレーター養成(メンテナンス)研修



平成30年度の研修では、高性能林業機械の安定的な稼働を図るため、研修内容を下記のとおり計画しました。対象事業体へは郵送にて通知しておりますので、期日までにお申し込みください。

開催概要


主  旨
高性能林業機械の安定的な稼働が、生産性ひいては林業収益を左右することから、安定的稼働に資するため、メンテナンスに関し、確かな知識と技能に裏付けられた操作者を養成する。
研修日程
第1回 平成31年2月26日(火)~28日(木) 3日間
第2回 平成31年3月 5日(火)~ 7日(木) 3日間
定  員
各回14名
実施会場
長野県林業総合センター 中研修室および機械棟
研修内容
1 高性能林業機械のメンテナンスの意義
2 高性能林業機械のシステムとメンテナンスの基礎知識
3 高性能林業機械のメンテナンスの実技  ほか
受講資格
長野県の林業認定事業体に属し、高性能林業機械の特別教育修了者(三種類のうち、いずれか一種取得していること)で、現在高性能林業機械を活用した素材生産事業に従事している者または従事しようとする者とする。


なお、令和元年度よりレンタル機械の貸付条件として、機械操作者はこの「高性能林業機械オペレーター養成(メンテナンス)研修」を修了した者に限定して運用する予定です。
移行期間として、3年間ですべての対象者に受講いただきます。
上記制度をご理解いただき、ご協力をお願いいたします。

コメントは受け付けていません。